愛をこめて車の売却を > 車雑学 > やや特殊な個人間売買の業者を用いて車を売った友人の事例

やや特殊な個人間売買の業者を用いて車を売った友人の事例

今から数ヶ月ほど前に、私の友達は少々特殊な業者で車を売却しました。その業者は、車の業界ではかなりの大手ですね。自動車のコンビニのようなサービスを提供している業者なのですが、そこでの独自のシステムを用いて売却したそうなのです。

 

なぜ友人がそこを選んだかというと、まず売却額の問題です。車の買取業者を利用するという選択肢もありましたが、それは売却額が低くなる傾向があります。それよりは個人間売買ができる上記の業者の方が、高く売れると思ったそうです。実際高く売れたのですが。

それと、そもそもその業者はかなり信頼できると思ったようですね。かなりの大手の業者が運営している所だけに、手続きなどは確実に行ってくれると感じたそうです。

 

友人はまずその業者を用いて、車の相場額を把握したそうです。そしてその業者の所定の店舗に車を持ち込んで、査定を受けたようですね。その業者の査定のシステムは、かなり独特でした。独自の端末などを見て、かなり詳しく車を見ていたようですね

 

そして業者から伝えられた客観的なデータを用いて、友人は売却希望額を決定しました。そして業者により、車の情報を宣伝してもらったそうです。

 

友人は車が売れるかどうか少々不安だったようですが、特に問題ありませんでした。思っていたよりも高く車が売れたので、とても満足していましたね。

 

ただ個人間売買ですので、本当にお金が振り込まれるかどうかが少々不安だったようです。しかしその業者が採用しているシステムの場合は、かなり独特です。支払いの際に、何らかのトラブルが発生する事もなかったようですね。また名義変更の手続きなども代行してくれたので、とても安心できたようです。

 

こうして友人は、ちょっと独特な業者を通じて車を売却する事ができました。最終的にはとても高く売る事ができたので、とても満足気でしたね。

車雑学

最新記事